Skip to main content

オンラインカジノのライセンス

オンラインカジノ選びに一番大事といっても過言ではないポイントがあります⏩それはずばり、ライセンスです。昔のオンラインカジノは、ライセンス無しで運営しているところも多々ありました。プレイヤーに支払いがなされてなかったり、プレイヤーにとって不利になるゲームを作ったり。こちらのページでは、オンラインカジノ選びに欠かせないライセンスについての説明やライセンス別でのオンラインカジノの紹介、それから、信頼できるオンラインカジノの見分け方なども説明いたします(・∀・)

このページを読み終わった頃には、あなたも良いオンラインカジノを見分けるプロになってる筈です👍

ライセンス付きの信頼性の高いオススメカジノ

# オンラインカジノ ボーナス
1
カジノシークレット
5/5

$ 533 ボーナス

$33入金不要ボーナス+$500入金キャッシュバックボーナス

利用規約
初回入金後にプレイをして負けた場合、入金額の50%のキャッシュバック贈呈!出金条件は一切なし!
2
ベラジョンカジノ
5/5

$ 1.010 ボーナス

最大100%還元の$1000入金ボーナス+$10入金不要ボーナス

利用規約
$1000初回入金ボーナスは入金最低額$10を入金後アカウントへ即時反映。$10新規登録ボーナスは登録するだけ。有効期限は30日間。登録後3回までの入金対象。ボーナスはキャッシュ(現金)がゼロになってから利用可能。登録ボーナスは$30!登録するだけ!
3
Joo Casino
4/5

¥ 55.200 ボーナス

100%還元の¥54,000入金ボーナス + ¥1,200の入金不要ボーナス

利用規約
50倍
4
まね吉
4/5

$ 777 ボーナス

100%還元の$777入金ボーナス

利用規約
40倍
5
インターカジノ
4.5/5

$ 510 ボーナス

$500ウェルカムキャッシュ+$10入金不要ボーナス

利用規約
出金条件なし
6
カジ旅
4.5/5

$ 500 ボーナス

$500+ Starburst 100フリースピン

利用規約
初回入金から4回までの入金に適応。出金条件:ボーナスの19倍。有効期限は60日、フリースピン有効期限は30日。
7
ジョイカジノ
4/5

¥ 200.000 ボーナス

¥200,000+ 200フリースピン

利用規約
最低入金額は 2000 円、賭け条件あり (入金回数により異なる) 、有効期限は初回入金日から 720 時間
8
ボンズカジノ
4.5/5

¥ 200.000 ボーナス

100%還元の¥200,000入金ボーナス

利用規約
最低入金額は2,000 円以上、出金条件は30倍(ボーナス額+入金額)、有効期限は 720 時間
9
カジノエックス
4/5

¥ 200.000 ボーナス

200フリースピン+200%還元の¥200,000入金ボーナス

利用規約
25倍
10
ライブカジノハウス
4.5/5

$ 400 ボーナス

$30入金不要ボーナス+20フリースピン

利用規約
30倍賭け条件を30日有効期限内に消化。
11
ギャンボラ
4/5

$ 25 ボーナス

$25入金不要ボーナス

利用規約
ボーナス賭け条件7倍

ライセンスの重要性

サッカーでも野球でも競馬でも相撲でも、ゲームを遊ぶときに重要なのは「イカサマがないか」です。例えば以前は相撲の八百長(やおちょう)が問題になりました。真剣勝負をするのではなく、一方が前もってどちらが勝つか負けるかを決め、その結果がどちらの選手に賭けたかに影響するというものです。

パチンコやパチスロでもイカサマがあるのではないかと問題視されたこともあり、摘発や処分をくだされたお店もあるようです。マシーンに何か細工をするだとか、方法は様々だと言われています。もし自分がお金を払って楽しむのであれば、はやりそれに適した水準を持つゲームをしたいですよね。

サッカーやパチンコよりも、身近なものがあります。イカサマと言えば、海外旅行でタクシーにボッタクられること。メーターを使わずだとか、メーターの機械に実は細工がしてあり、明らかに速い速度でメーターの数値が上がるとか、最初の交渉時の値段とは違う値段を最終的に要求されたりだとか、苦い経験を実際にしたり聞いたりしたことはありと思います。

もちろん国によって地域によって、こういった不正がないように組織が取り締まるところもあれば、そうでないところもあります。国が運転免許証を発行するだけではなく、タクシーの運営会社に運営許可やライセンスが発行されたり、会社自体に不正がないかの調査や監視が入ったりしていれば、わたしたちも安心してタクシーに乗れるということになります。🚕👮

ライセンスの種類

オンラインカジノのライセンスを発行している国のリストがこちらです。中にはこんな国や地域の名前なんて聞いたことがない!というのもあるかもしれませんが、実在するんです^^ 中には地理的には中南米やカリブ海に位置する島でも、領土的にはヨーロッパのため、法律もその領土を有する国が決めているという少しややこしいところもあるわけです。

ヨーロッパ

  •  イギリス(UK)
  •  ジブラルタル(イギリス領)
  •  マン島
  •  マルタ共和国(イギリス連邦加盟国)
  •  オルダニー島
  •  キュラソー島(オランダ領)
  •  アイスランド

カリブ海諸国

  •  アンティグア(イギリス連邦加盟国)
  •  ドミニカ

中南米

  •  ベリーズ
  •  コスタリカ
  •  パナマ

その他

  •  オーストラリア北方領
  •  カナダ モホーク政府
  •  フィリピン
  •  カナワケ(カナダ)

基本的にオンラインカジノを運営するためには、高額なライセンス料や税金を払う必要があります。これが国や政府にとってみれば税収の見込みがあるため、ライセンス料や税金を納めれば比較的容易にライセンスを取得することができる地域も存在します。

そのなかでもヨーロッパ圏のライセンス取得は審査が厳いため信用度も高く、ライセンス発行後も常に独立した第三者監査機関が定期的に監査をしています。ゲームのソフトを作るゲーム会社への監査、カスタマーサービスを行ってるチーム、ファイナンス、などなど、厳重に決められています。

ライセンス発行の条件

ライセンスを発行している国は現在20カ国以上存在しますが、一体どのような条件やプロセスを基準にしてライセンスを発行、そして定期的な監査を行っているのでしょうか。

  • ゲームの公平性があるか
  • 会社として充分な経営・運営能力が将来的にもあるか
  • マフィアとの関係がないかの調査(マネーロンダリング調査)
  • 独立した第三者監査機関が定期的に監視できるか

審査機関は、半年以上をかけて調査・審査をし、始めてライセンスを発行します。ライセンス発行後も、ライセンス発行料やゲーミング税の支払いなども続くため、発行をして終わり、というわけではありません。

第三者監査機関で有名なのは、eCOGRATST(テクニカルシステムテスティング)GLIと呼ばれる機関です。ただ、これらの機関からの定期監査を受けることはあくまで義務ではないので、監査を受けていないイコール信頼できない、というわけではありません。

疑うべきライセンスのないオンラインカジノ

オンラインカジノではライセンスの有無は、安全なオンラインカジノを判断するとっても大切な要素です!オンラインカジノによっては、カジクラのように突然営業停止に追い込まれるオンラインカジノやライセンス規定に反したことにより多大な罰金を支払ったりしている闇カジノのような闇インターネットカジノが世界には多くあります。

ライセンスの確認方法

ワンダリーノ ライセンスマルタ ライセンス

多くのオンラインカジノのトップページの下の方に、このようにライセンスのロゴと、ライセンスの発行番号、発行日、管理局、問い合わせ先、などがきちんと記載されています。

ライセンスのロゴをクリックすると、ライセンスを発行しているページにとぶことができます。英語でLICENSEDと表記されているところは、きちんとライセンスが発行されているという意味です。

イカサマの見分け方

イカサマカジノでも、カスタマーサポートは親切なことが多いです。丁寧で迅速に対応してくれる=信頼できる、と思ってしまう傾向にありますが、そこが穴ということも充分あり得るということを頭の隅に置いておきましょう。

例えばカスタサポートに入金方法を尋ねると、基本的に親切に答えてくれるところばかりです。しかし、質問を変えてみると解ることもあります。「どんなライセンスを取得しているか」や「ライセンス登録番号、ライセンスを公開しているか」などを尋ねると、答えてくれないところもありました(筆者の経験上)。公開しても問題のないライセンスの情報を隠すということは、何かがある、ということなのです。

もしくは、ライセンスを発行している政府や団体に問い合わせてみてもわかることがあります。ライセンス発行をしてる団体の公式サイトに何も書いてないだとか、問い合わせ先の記載がないだとかとなれば、これも疑うべきポイントと言えます。

信頼できるライセンスの発行元

マルタ(マルタ共和国)

マルタ ライセンス

マルタ共和国は、イタリアの丁度したに位置する島です。EU圏に属し、通貨もEUになっています。首都バレッタを始め、海がとても綺麗な街として知られており、観光客で年中にぎわっています。ヨーロッパ圏のなかでも一番と言えるほど、信頼性の高いライセンスとして知られていまう。

ギャンブリングコミッション(イギリス)

イギリス ライセンス

ライセンスの発行は2006年から始まりました。首都はご存知の通りロンドンで、取得が困難なライセンスとして知られています。ここで登録されているオンラインカジノは信頼性が高いと言えます。

ジブラルタル(イギリス領)

ジブラルタル ライセンス

こちらでのライセンス発行もイギリスと同様(というかイギリス領ですので)の難しさを要します。ギャンブリングコミッションライセンスと同じく、ここが発行するライセンスを持っているオンラインカジノの信頼性は高いと言えます。

マン島(イギリスの王室属領)

マン島 ライセンス

細かく言うと、イギリスの領土でもアイルランド連合王国でもなく、自治権を有したイギリスの王室領土として登録されています。EU圏ではありませんが、イギリスの特別領域として扱われている島です。こちらで発行されるライセンスも取得が難しいと言われています。

カナワケ(カナダ)

カナワケ ライセンス

カナワケともカナワキとも呼ばれていますが、Kahnawakeという綴りは、カナダの先住民族の地域です。フランス語圏のケベックの近くで、とても穏やかな街として知られています。

最近ではカナワケが発行するライセンスも増えてきており、信頼度や評判も上昇しています。

キュラソー(オランダ領)

キュラソー ライセンス

キュラソーは南米、ベネズエラの上に位置する島です。キュラソーという名前自体はポルトガル語で「聖心」という意味ですが、国としてはオランダ領に入り、オランダ語が公用語としても使われています。

ここのライセンスに関しては賛否両論ですが、信頼度が堅いと評価するページもあれば、信頼度が低いという評価を下すページもあります。特にトラブルがあったなどということは聞きませんが、安カジどっとこむでは、信頼度高いと評価しています。

ファーストカガヤン(フィリピン)

カガヤン ライセンス

フィリピンにもいくつかのライセンスが存在しますが、フィリピンカガヤンはフィリピン国内でも比較的信頼性が高いとされています。安カジどっとこむで紹介しているフィリピンのライセンスを有しているオンラインカジノはあまり多くはありませんが、これからもっと数が増えるかもしれません。

まとめ

ライセンスについてのページはいかがでしたでしょうか。ライセンスの重要性やイカサマの見抜き方も、オンラインカジノを楽しくプレイするためには大切です。オンラインカジノを楽しむためには、信頼できるオンラインカジノを見つけるのが一番です。安カジどっとこむではまだカバーしきれていないオンラインカジノもありますが、もしここでは紹介していないオンラインカジノを見つけたら、このページで紹介している方法で信頼できるかどうかを見てみるのもいいかもしれません。

以前よりもオンラインカジノの見分け方やライセンスについての記事を投稿するサイトも増えてきましたが、偏り無く読んでみるのもいいかもしれません。自分が一番納得した形でゲームをするのがベストです^^