Skip to main content

Book of Dead とは?オンラインカジノスロット 徹底解説!

Book of Dead (ブック・オブ・デッド)とは、オンラインカジノのスロットの中でも、大当たりが出るとよく噂されているスロットです。主人公の冒険家リッチ・ワイルドが古代エジプトに冒険出るというのがモチーフ。ゲームに出てくる文字はA・K・Q・J と数字のシンボル5つと決められており、ファラオなど古代エジプトでお馴染みの絵柄が4つ出てきます。Book of Dead は日本語に直訳すると「死の書」となるので、ちょっとデ◯ノートっぽく聞こえてしまいますが、ゲームのコンセプトとしては、死の書が鍵となり、大きな賞金を稼げる、という人気のゲームです。ちょっと日本語にすると聞こえがあまりよろしくないので、デ◯ノートにちなんで、デスブックと呼んでもいいでしょうかね(;・∀・)

Book of Dead の人気の理由は、フリースピンボーナスで高配当キャラクターが選ばれたときには、ものっっっっっすごい数のコインを獲得できるところにあります。なんと配当が最大4倍になる「ダブルアップ」を搭載しているのです。これについては追って説明していきましょう!

このページでは、ゲームの概要と特徴の説明、無料でプレイできるオンラインカジノの紹介も含め、全てお教えしてしまいます!

Book of Dead の詳細情報:
ソフトウェア
Play’n GO
グリッド
3✕5
プログレッシブ
なし
最大値
250,000
最小ベット額
$0.10
最大ベット額
$50
ボーナスフィーチャー
あり
ペイアウト率
96.21%
ペイライン
10

 

上の表通り、Bood of Dead3x5グリッドですが、実際は最大10ラインまでプレイヤー側で指定できるようになっています。

ベッドの金額は、コインバリューとコイン数とライン数の組み合わせで決まります。最低ベット額はコインバリュー0.01、コイン数1、1スピン$0.10となり、最大ベット額は、コインバリューで1、コイン数で5、1スピン$50になります。

Book of Dead が無料でプレイできるオンラインカジノ一覧!

ここでリストアップされているオンラインカジノでは、無料でBook of Dead をプレイすることができます!

オペレーター ボーナス リンク
オススメなワンダリーノ!評判は?イカサマなの? オススメなワンダリーノ!評判は?イカサマなの? €400+30回のキャッシュスピン カジノへ
オススメなベラジョンカジノ!評判は?イカサマなの? オススメなベラジョンカジノ!評判は?イカサマなの? $1010 カジノへ
オススメなラッキーニッキー!評判は?イカサマなの? オススメなラッキーニッキー!評判は?イカサマなの? $999または1998回のスーパースピン カジノへ
オススメなインターカジノ!評判は?イカサマなの? オススメなインターカジノ!評判は?イカサマなの? $1010 カジノへ
オススメなRoyal Panda!評判は?イカサマなの? オススメなRoyal Panda!評判は?イカサマなの? ¥15,000 カジノへ
オススメなチェリーカジノ!評判は?イカサマなの? オススメなチェリーカジノ!評判は?イカサマなの? $1000 カジノへ
オススメなカジ旅!評判は?イカサマなの? オススメなカジ旅!評判は?イカサマなの? $400 カジノへ

Book of Dead のボーナスフィーチャーとは?

Book of Dead が人気な理由をこちらでいくつかあげましょう。他のスロットにはないBook of Dead だけでしか楽しめない機能や特徴がこちら!

Book of Dead のフリースピンとは?

Book of Dead の人気の秘密はまず、スキャッター(スロットマシーンで使用される絵柄のこと)を3冊以上揃えることで貰えるフリースピンにあります。獲得回数は10回と決められていますが、フリースピンを獲得することで、ゲームのスキャッターシンボルである「死の書ことデスブック」が下のイメージのように開かれます。そこで登場するランダムに選ばれるシンボルが、後に「拡大シンボル」としてフリースピン中に現れます。高い配当のシンボルがランダムに選ばれれば、大きな勝ちが待っている可能性もあり得るのです。

こんな感じで死の書が開かれ、

ランダムにシンボルが選ばれる。このシンボルがこの後にスロット中に出てきて、勝利の行方を決めるのです。

強さは左から、やっぱり主人公のリッチ・ワイルドが一番高い配当金になっています。

Book of Dead のダブルタップとは?

Book of Dead で忘れてはいけないもうひとつの魅力が「ダブルタップ」です。他にもダブルタップ機能が搭載されているスロットはありますが、Book of Dead の場合は少し異なります。ギャンブルの機能としても知られており、伏せられたトランプのスート(スペード・ダイヤなどのこと)色が、赤色か黒色かを当てるタイプでは配当が2倍、そして伏せられたカードのスート自体(色ではなく、スペードなのかダイヤなのか)を当てることで配当が4倍になる、合計2種類のゲームから選択することができます。下のイメージをご覧ください。

普段は「マックスベット」のボタンが、このようにコインを取得すると「ギャンブル」という文字に変わります。そこをクリックすると、ダブルタップの画面に行きます。

上で説明したのと同じように、赤色か黒色かを当てるタイプでは配当が2倍になるため、上のイメージのように左側のレッドかブラックを選択してください。もちろん当たる確率は50%になります。

もしくはカードのスート自体(色ではなく、スペードなのかダイヤなのか)を当てることで配当が4倍にもなるので、右側のハートかダイヤかスペードかエースから選んでください。当たる確率は左側よりも低いため、当たったら配当金がもっと高い、という計算になるわけです。

Book of Dead のペイアウト率とは?

Book of Dead の大事なペイアウト率は96.21%と公開されています。結構高いほうですこれ。どのように確認するかというと、左下にある小さな小さなクエッションマークをクリックしてみてください。

新しいページが開き、そこにはもっと細かなルールなども記載されています。(なので時間があればきちんと読んでおくのがいいかも)。RTPと書かれているのがペイアウトのことですが、こちらにも96.21%と公表されています。

Book of Dead で稼ぐ方法って?

スロットもギャンブルですが、例えばポーカーなどと違って練習をしてプロになっていくというよりも、やはり運があるかないかというのが大きなポイントになるゲームではあります。しかし、Book of Dead にしかない機能を使って配当を増やす、というは賢いプレイヤーに共通するところだと言えるでしょう。

上で紹介した「ダブルタップ機能・ギャンブル」を使い、当たりやすい「赤か黒か」を使い、配当を増やして行くことができるのがこのゲームの「コツコツ勝ちにつながる方法」かもしれません。それでも、赤か黒かも、50%の確率になります。

あとは、もちろんランダムに選ばれるシンボルキャラクターがリッチ・ワイルド(どんな名前やねん、リッチでワイルドなんて)であれば、その後の当たったときの賞金率も高くなるのですが、だからといって絶対当たる!というわけではありません。なので、他のキャラクターがランダムに選ばれたとしても、続けることをやめるのはちょっと、と思いますね。

Book of Dead と他のスロットの共通点と相違点とは?

果たしてBook of Dead は他のスロットと比べて、どんなところが似ていて、どんなところが違うのでしょうか。

Book of Dead と他のスロットの共通点

  • オートプレイ機能がある
  • ベット額が自分で変更できる
  • 他のスロットのように比較的簡単

Book of Dead と他のスロットの相違点

  • エジプト冒険風
  • 音楽が堪らない、ハマってしまう
  • ダブルタップというギャンブルの機能

Book of Dead はモバイル版に対応しているの?

Book of Dead はもちろんモバイルにも対応しています!なんせわたしの使っているスマホの画面が小さいので、デスクトップの方がプレイしやすいのですが、画面を横にすればこんな感じでスマホでいつでもどこでもプレイすることができますよ(*´ω`*) ブラウザでもアプリでもスムーズにできるので、もしオンラインカジノ側がアプリを出しているのであれば、もしかしたらそっちを使うのもいいかもしれません。

まとめ

個人的にはエジプトとか中東とか冒険コンセプトはかなり好きなので、初心者でも入りやすい、ハマりやすいゲームにできていると思います。何よりもサウンドもエジプト冒険っぽいですし、当たったときの音響も、完璧に作り上げられているな〜と感心してしまいます。

最近はどんなゲームでもモバイルに対応してきましたが、やはりスロットはモバイルでもできるところがオススメです。いや、それでもオンラインポーカーなどはデスクトップのほうがプレイしやすい、という違いもやっぱりあります。(;・∀・)

今ならBook of Dead を無料でプレイすることができるので、ちょっと慣れるまで無料プレイを繰り返してみるのはいかがでしょうか。もちろん大体把握ができたらリアルマネーでプレイをしたら、大当たりがでるかもしれませんよ!



関連記事



コメントが見つかりません


記事に関しての質問や意見はこちらまで!

メールアドレスは公開されません。*印の項目は必須です。