パーレー法とは?逆マーチンゲール法で勝てる?

パーレー法 は逆マーチンゲールとも呼ばれているカジノの戦略です。戦略や必勝法のことをベッティングシステムと呼びますが、種類もいくつかあります。例えば代表的なのは「負けたらベット額を上げる方法」いわゆる「マーチンゲール法」というのが方法の基本とされています。今回ここで紹介するのは、逆マーチンゲール法と呼ばれる方法、パーレー法についてです。

逆マーチンゲール法と呼ばれているだけあって、「負けたらベット額を上げる」の逆、つまり「勝ったときにベット額を上げる」方法のことです。これは、勝ったときのみにベット額を上げる方法を用いることによりリスクが小さく、勝利金を増やせる可能性を見込めるベッティングシステムのことを指します。

ベッティングシステムは2つに分類することができます。1つは独立事象でないものと、もう1つは独立事象のものに分けられます。前者の独立事象でないものはブラックジャックやバカラのゲームのように、各ラウンドごとにカードが新たにシャッフルされるものを指し、独立事象のものはルーレットやクラップスのように、前回の結果が次のゲームに影響をしないことを指します。パーレー法が使用できるゲームは、50%の確率がある(50%は勝ち、50%は負け)もの、ルーレット、ブラックジャック、バカラが代表的なものです。

おすすめカジノのブラックジャックでパーレー法を実践!

# Casino Bonus
1
カジノシークレット
5/5

$ 533 ボーナス

登録するだけで$33+最大$500の入金キャッシュバック

利用規約
登録ボーナスは出金条件25倍・ベット額上限なし・有効期限24時間、初回入金後に負けた場合、入金額の50%キャッシュバック贈呈・出金条件一切なし!
2
Joo Casino
4/5

¥ 130.000 ボーナス

入金3回で最大13万円+フリースピン100回

利用規約
賭け条件50倍、有効期限は入金ボーナス7日間・フリースピンは3日間
3
ラッキーニッキー
4.5/5

$ 999 ボーナス

選べるキャッシュとフリースピン

利用規約
30倍
4
ギャンボラ
4/5

$ 30 ボーナス

安カジ限定!登録するだけで$30

利用規約
出金条件7倍、最大出金額$100、最大ベット額はスロット$5・ライブカジノ&テーブルゲーム$20
5
alf casino
4/5

$ 800 ボーナス

$800

利用規約
入金額+ボーナス額✕30倍の低いボーナスの出金条件。このボーナスの有効期限は獲得してから10日間で、10日以内に賭け条件をクリアする必要あり。
6
ボンズカジノ
4.5/5

¥ 200.000 ボーナス

登録するだけで¥3,000+最大20万円の100%還元入金ボーナス

利用規約
出金条件は30倍(ボーナス額+入金額)、有効期限72時間
7
カジ旅
4.5/5

$ 500 ボーナス

Starburstフリースピン100回付き

利用規約
初回入金から4回までの入金に適応。出金条件:ボーナスの19倍。有効期限は60日、フリースピン有効期限は30日。
8
21.com
3.5/5

$ 1.000 ボーナス

100%還元の$1000入金ボーナス+100回フリースピンと$21入金不要ボーナス

利用規約
21 / 50倍
9
ビットカジノ
4/5

VIPプログラム

利用規約

パーレー法はなんとブラックジャックで活躍する必勝法なんです!上記のおすすめカジノで是非実際にプレイしてみて下さい!!

パーレー法の使い方&手順をご説明!

パーレー方法

逆マーチンゲール法とも呼ばれているだけあり、マーチンゲール法に関しての記事を読んでみると、パーレー法に関しての理解がさらに深まります。パーレーはマーチンゲールとは反対の手法をとることをを指します。

1単位ベットしたあと、勝った場合はその倍の2単位、さらに勝った場合はその倍の4単位にするという手法です。負けた場合は1単位に戻すというのがポイントで、あくまでも勝った場合にのみ増やすということが大切です。

例えば、1ドル賭けて勝った場合、賭けた分は倍の2ドルになって手元に返ってきます。そしたら次は返ってきた2ドルをそのまま賭けます。次も勝った場合、倍の4ドルとして自分の手元に戻ってきます。

パーレー法のメリットとデメリット

マーチンゲール法のメリットは、勝率が高くても勝ち額が小さいというメリットとデメリットがありますが、パーレー法の場合のメリットとデメリットはどんなものでしょう。

パーレー法のメリット
  • 短時間で大きな利益を獲得できる
  • 損失額を限定できる
  • 連勝した場合は、利益がもっと高くなる
  • ローリスクでハイリターン
パーレー法のデメリット
  • 勝率が低い
  • 1回負けてしまうと、収入がマイナスとなる
  • 小さな負けを喰らい続ける可能性が高い
  • テーブルリミットが決められている

パーレー法 注意点をご紹介!高まるリスクとは?

パーレー方法

パーレー法は勝ち続けた場合であっても、1回でも負けた場合は損となります。どこかの時点で1単位に戻し、勝った分をしっかりと自分のものにする必要があります。あらかじめ、自分で「8回勝ったら降りる」というように、予定を立てておくことをおすすめします。稀に大勝ちをするというメリットがありますが、理論上、勝ち続けることは基本的に不可能なのです。

知らず知らずのうちにハイリスク・ローリターンの勝負を強いられるため、大勝を狙うがために大損をしてしまうというリスクがあります。

パーレー法の注意点1:リスクも利益も上がる

以下の表は、1ドルをベット額とし、10回続けて勝利した場合と累計損益です。賭け金が高ければ高いほど、リスクも利益も高くなることがわかります。

ゲームの回数
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
ベット額$
1
2
4
8
16
32
64
128
256
512
勝敗
累計損益
1
3
7
15
31
63
127
255
511
1023

パーレー法の注意点2:テーブルリミットとは?

どのカジノでも、1回のゲームに賭けることができるベット額が決められています。専門用語では、最低賭けなければいけない額をミニマムベット、最高金額はマキシマムベットと呼ばれています。テーブルリミットは通常500ドル前後とされていますが、VIPプレイヤーは2000ドル以上賭けることも許されているところもあります。

上の表にある、ゲームの回数10回目とベット額512ドルを参照していただくと、既に計算上では500ドル以上を超えているため、512ドルではなく500ドルしか賭けられなくなります。このように、ゲームにはリミットがあるということを覚えておいてください。

パーレー法の注意点3:降りるタイミング

パーレー法を使ってどれだけ勝ちが続いたとしても、1度負けてしまうとその時点まで得ていた利益が一気にマイナスになります。今まで勝って得た勝利金をもっと大きくする気持ちを抑えて、無駄にしないためにも、連続で勝ち続けるという確率は、続けるほど低くなるということを忘れないでください。

まとめ

パーレー法少ない資金でも大勝を目指すことができる方法がパーレー法です。特徴は、短時間で稼げ、勝ったときは利益をあげることができる、しかし負けた場合はマイナスとなるということだけを覚えておけば大丈夫です。

どの50%の確率でできるゲームでも必ずバーレー法を実践するのではなく、賭け事をする際にひとつの方法として用いることができる、と考えておくのがいいでしょう。まずは安い金額から賭けてみて、徐々に試して使うようにする、というのをおすすめします。

よくある質問

パーレー法が使えるゲームブラックジャック、ルーレット、バカラなどです。

パーレー法の注意点で重要なことは、使うとき必ずやめ時を決めてから実践することでしょう。調子が良くても負けると一気に失うので、何回勝ったら辞めると先に決めて置いた方がリスク管理ができ、損失を防げるかもしれません。

パーレー法はマーチンゲール法の戦略の逆になります。「逆マーチンゲール」と呼ばれているのはこのためです。負けた際にベットを上げるマーチンゲールとは対象に、パーレー法では勝った時にベットを上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~vVTVTVTVv~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~