Skip to main content

ブラックジャックとは?ルールや必勝法はあるの?

ブラックジャックは割とカジノに詳しくない方でも一度は耳にしたことのあるカジノゲームではないでしょうか。

ブラックジャック(Blackjack)のルールはとてもシンプルで、手持ちトランプ2枚の状態からスタートし、プレイヤーとディーラーの1対1の勝負で、手持ちのトランプの合計の数が21に近い方が勝ちとなるカードゲームです。21を超えてしまった場合は無条件に負けが決定します。

また、ブラックジャックと3枚以上のカードで21となった場合では、「ブラックジャックの優先勝ち」になります。さらに、プレイヤーもディーラーもブラックジャックだった場合は、引き分けではなくディーラーの勝ちとなります

ディーラーは合計17を超えるまで強制的にカードを引かなければなりません。

シンプルとはいっても、カードの流れやディーラーとの心理戦などの駆け引きもあり、スリルと興奮を味わえます。さらにブラックジャックには必勝法があり、頭脳戦が大好きな方には大変おすすめです!

ブラックジャックのスリルを味わいたい方は、以下の我々専門家がおすすめするオンライカジノで今すぐにでも無料プレイをお試し下さい!!

ブラックジャックが無料でプレイできるおすすめオンカジ!

オペレーター ボーナス リンク
オススメなワンダリーノ!評判は?イカサマなの? オススメなワンダリーノ!評判は?イカサマなの? €400 カジノへ
オススメなエンパイア777 !評判は?イカサマなの? オススメなエンパイア777 !評判は?イカサマなの? $77 カジノへ
オススメなNetBet!評判は?イカサマなの? オススメなNetBet!評判は?イカサマなの? $200 カジノへ
オススメなベラジョンカジノ!評判は?イカサマなの? オススメなベラジョンカジノ!評判は?イカサマなの? $1010 カジノへ
オススメなインターカジノ!評判は?イカサマなの? オススメなインターカジノ!評判は?イカサマなの? $1010 カジノへ

ワンダリーノは業界最高峰とも言える35のライブブラックジャックルームを兼ね備えたブラックジャックではどのカジノにも引きを取らないほど人気のオンラインカジノですので、ブラックジャック好きの方にはとってもおすすめです!

NetBetと日本人人気が非常に高いベラジョンカジノブラックジャックゲームを約20種類も完備しており、運営元がベラジョンカジノと同じインターカジノもブラックジャックゲームの豊富さでは負けていません!

エンパイア777には、10ものライブカジノルームがあり、そのうちの6室がブラック・ジャックに対応しているブラックジャックに特化したおすすめオンラインカジノです!

これらのオンラインカジノではブラックジャックをインスタントプレイで無料でプレイできますので、リアルマネー(現金)プレイ前に試してみても良いかもしれませんね!

ブラックジャックのカードの数え方

ブラックジャック 数え方
  • A(エース)は1または11とカウントされる。
  • 2~10までの数はそのままカウントされる。
  • 絵札のJ(11)、Q(12)、K(13)は10としてカウントされる。

用語集

ブラックジャック 専門用語

ブラックジャックをより一層楽しむためには、専門用語を知ることが1番の近道でしょう!以下に厳選したブラックジャックの基本的な専門用語をリストアップしましたので、ご参考にしてください。

スタンド(Stand)

スタンドとは、現在の手がすでにいい手なので、もうこれ以上カードを引かない、ということです。

例えば、持ち手が19の場合などでスタンドをするといいかもしれません。

スプリット(Sprit)

最初に配られたカードが同数のカードだった場合、「スプリット」することにより、手札を2つにすることができます。

しかしここで注意しないといけないのが、手札を2枚に分けると、必ず初めにベット(賭け)した分と同等の額をそれぞれにベットしなくてはいけません。

例えば、10を2枚もらった場合、スプリットすることはもちろんできますが、合計で20になるようないい手の時にスプリットはおすすめできません。

ダブルダウン(Double down)

ダブルダウンをすると、「後一回しか引けなくなる。」という条件と引き換えに、ベット額を2倍にすることができます。

手持ちカードの合計が「11」などの時にとても効果的です!なぜならドン安カードが来ても21を超えることはないからです。ダブルダウンをする時は、8〜10の「ハイカード」を期待するときですが、一つ気をつけないといけないのが、

「2」などの弱いカードが来ても、条件によって縛られているので、それ以上追加でカードを引くことができません。

インシュランス(Insurance)

ディーラーのアップカードと呼ばれる表向きのカードが「A(エース)」の場合、ディーラーが「10」または「絵柄のカード」を持っている場合が考えられ、ブラックジャックの可能性があります。この時に、インシュアランスをし、ベット額の半額を追加でベットすると、ディーラーがブラックジャックだった場合、ベットした額の2倍分の勝利金がゲットできます!

サレンダー(Surrender)

サレンダーとは「降参」という意味で、プレイヤーがカードが配られた後に、勝ち目がないと判断した場合、降参できるというのがサレンダーです。

サレンダーした場合には、ベット額の半分がプレイヤーのもとに戻るルールになっています。

バスト(Bust)

プレイヤーおよびディーラーの手持ちのカードの合計が22以上になってしまい、条件で負けが決定してしまうことを「バスト」と呼びます。

自分がバストすると即時に負けが決定し、ディーラーがバストしても賭金は没収されますので、お気をつけください!

プッシュ(Push)

プッシュとは、プレイヤーとディーラーの手持ちカードの合計値が同数となり、引き分けになった場合のことです。

ブラックジャック(Blackjack)

最初に配られた2枚のカードの合計が「21」となることをブラックジャックと呼びます。

ブラックジャックのルールをご説明!コツなんてあるの?

ブラックジャック コツ

ブラックジャックのルールは、ただ単にカードの合計が「21」になればいいんでしょ?と運を頼りに勝負していると、勝ちはなかなかつかめません。なぜならブラックジャックは頭脳戦だからです。確かにハンド(手)に関しては運がものを言うところもありますが、最終的に勝敗を分けるのはテクニックです。各場面によって講じないといけない手はケースバイケースですので、どの手を選ぶかによって勝敗は分かれていきます。ブラックジャックで勝つにはルールを味方につけましょう!

ディーラーをバストする!

例えばディーラーが4、5、6のどれかをすでに持っていたとします。この時、あなたが「もう一枚ヒット(引く)してもバストしないソフトハンド」でない場合、ヒットしないのが得策です。

なぜなら、ディーラーをバスト(22以上)させるビッグチャンスだからです!

このようなゲーム状況の場合、プレイヤーとしては「スプリット」や「ダブルダウン」をして、ディーラーがバストした時により多くの配当金をゲットできるようにプレイするといいかもしれません!

ハードハンド(大きい数字の手)の際は、スタンドする!

もしハードハンド(手が17やそれ以上)の場合、「スタンド」をすることをおすすめします。なぜなら、バストする確率がとても高いからです。

ディーラーが10、絵札またはAをすでに持っている場合は、プレイヤーの17という数字はそれほど強くはありませんが、ヒットしてバストすると即時負けとなってしまうので、このような状況下ではスタンドの方が良い選択肢となります。

10と6は絶対にスプリットしないで!

10は組み合わせによってはとても良いハンドですが、10がハンドに2枚ある状態では、状況にもよりますが、スプリットせずに合計20としてスタンドした方が無難です。

6はハンドとしては最悪と言っても過言ではないので、6がハンドに2枚ある場合は、スプリットせずに12として始めるのがいいでしょう。

Aと8は絶対にスプリットしよう!

Aはとても有効なカードですが、Aが2枚ではただの12でしかありません。

2枚の8は合計16となり、最悪の組み合わせです。ですが、8を2枚に分けることによって2枚のハンドが10または絵柄と組み合わさって18になる確率がとても高いので、2枚の8はスプリットしましょう!

一見難しそうなブラックジャックのルールですが、それをうまく利用すると勝率を飛躍的に上げることができます!

簡単なブラックジャックの必勝法とは?

ブラックジャック 必勝法

ブラックジャックに必勝法なんてあるんでしょうか?このセクションでは、ブラックジャックの勝率を上げるテクニック、その名も「必勝ベーシックストラテジー」をご紹介します!

必勝ベーシックストラテジーって?

ブラックジャックのベーシックストラテジーと聞くと、なんだかとっても難しいテクニックかと思われるかもしれませんが、「ベーシック」からも分かる通り、ブラックジャックのルールを最大限に利用して、「勝率を限りなく高める方法」のことを指します。

ブラックジャックには、ディーラーが16以下の場合、必ずもう一枚カードを引いて、17以上ならスタンド(引かずに勝負)しなければいけない、という基本的なルールがあります。

例えばディーラーのアップカードが「6」である場合、「10または絵柄」が出たとしても、ルール上もう一枚カードを引かなければいけないので、バスト(22以上)する可能性がとっても高くなるというわけです。

なので、たとえ自分のカードの合計が13や14でも、スタンドし勝利することができます。

この他にも、パーレー法と呼ばれるブラックジャックで勝ちが連続して続いている時に非常に役立つブラックジャック必勝法がありますので要チェックです!!

ブラックジャックでカードカウンティングなんて本当にできるの?

チート方 カウンティング ブラックジャック

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」でお馴染みの「カードカウンティング」というブラックジャックにおけるチート法をご存知でしょうか?

カウンティングとは、これまでにゲーム内で配られたカードの数字を正確に記憶し、ゲームルールを考慮しながらデッキに残っているカードを推測し、自分(プレイヤー)に有利なカードを選択して勝率を高めていく戦略のことです。

オンラインカジノでも映画のようにカードカウンティングができるの?と疑問に思いますよね。

しかし、残念ながらネットカジノのブラックジャックではゲーム毎にシャッフルされてしますので、カードカウンティングは不可能でしょう!残念!「ぶっつぶす」のはラスベガスだけにしましょう!笑

まとめ

ブラックジャックがいかに楽しく、戦略により一攫千金も夢ではないことがお分かりいただけたでしょうか?ブラックジャックにはいろいろな戦略や専門用語があり、初心者が気軽にプレイするのは少し難しいかもしれませんが、基本的な「手持ちのカードの合計が21に近い方が勝ち」というルールはとてもシンプルで、これさえ理解していればプレイできない事はありません。まずオンラインカジノのライブカジノや、ビデオブラックジャックで経験を積み、本場ラスベガスのカジノにチャレンジするのもいいかもしれませんね!