Skip to main content

カジノ法案 とは?2016年12月に可決? 

最近よくテレビのニュースで目にするカジノ法案とは一体何なのでしょうか?カジノ法案を簡単に説明すると、「2016年12月に正式に可決された統合型リゾート(IR)整備推進法案(通称カジノ法案)」のことを指し、日本初のカジノが複合型リゾートに建設される!(日本カジノ構想)というニュースが大々的に報じられたことにより、「カジノ法案」と呼ばれるようになりました。

しかし、「複合型リゾート」という名前から分かる通り、カジノは複合型リゾートの一角に設置される予定の施設で、他にもホテルやショッピングモール、温泉施設などの設置も検討されているとのことです。

このページでは、忙しい皆さんのために、皆さんが知りたいであろう以下のカジノ法案(IR法案)に関する主な情報をQ&A形式でお答えさせていただきます!

  • カジノ法案のメリットとデメリット
  • カジノ候補地として有力な誘致場所
  • 日本初のカジノができるのはいつ
  • 気になるカジノ法案(IR法)がなぜ可決されたのか
  • IRカジノの入場制限&入場料

では早速カジノ法案のメリットとデメリットから見ていきましょう!

カジノ法案 & 複合型リゾート メリットとデメリット

カジノ法案-複合型リゾート-メリット-デメリット 箇条書きで分かりやすくカジノ法案のメリットとデメリットに関してまとめましたので、早速見ていきましょう!

IR法案 メリット

  • 観光産業の向上!(※カジノ候補地は以下のコーナーで詳しく説明しています。)
  • 経済波及効果が期待できる!
  • 日本カジノ構想により世界から日本が一層注目される!
  • 複合型施設内での雇用の創出!

IR法案 デメリット

  • ギャンブル依存症
  • マネーロンダリング(これはオンラインカジノでも問題になっています。)

オンラインカジノ VS IRカジノ?どっちがお得?

# オンラインカジノ ボーナス
1
カジノシークレット
5/5

$ 533 ボーナス

$33入金不要ボーナス+$500入金キャッシュバックボーナス

利用規約
初回入金後にプレイをして負けた場合、入金額の50%のキャッシュバック贈呈!出金条件は一切なし!
2
ベラジョンカジノ
5/5

$ 1.010 ボーナス

最大100%還元の$1000入金ボーナス+$10入金不要ボーナス

利用規約
$1000初回入金ボーナスは入金最低額$10を入金後アカウントへ即時反映。$10新規登録ボーナスは登録するだけ。有効期限は30日間。登録後3回までの入金対象。ボーナスはキャッシュ(現金)がゼロになってから利用可能。登録ボーナスは$30!登録するだけ!
3
Joo Casino
4/5

¥ 55.200 ボーナス

100%還元の¥54,000入金ボーナス + ¥1,200の入金不要ボーナス

利用規約
50倍
4
まね吉
4/5

$ 777 ボーナス

100%還元の$777入金ボーナス

利用規約
40倍
5
インターカジノ
4.5/5

$ 510 ボーナス

$500ウェルカムキャッシュ+$10入金不要ボーナス

利用規約
出金条件なし
6
カジ旅
4.5/5

$ 500 ボーナス

$500+ Starburst 100フリースピン

利用規約
初回入金から4回までの入金に適応。出金条件:ボーナスの19倍。有効期限は60日、フリースピン有効期限は30日。
7
ジョイカジノ
4/5

¥ 200.000 ボーナス

¥200,000+ 200フリースピン

利用規約
最低入金額は 2000 円、賭け条件あり (入金回数により異なる) 、有効期限は初回入金日から 720 時間
8
ボンズカジノ
4.5/5

¥ 200.000 ボーナス

100%還元の¥200,000入金ボーナス

利用規約
最低入金額は2,000 円以上、出金条件は30倍(ボーナス額+入金額)、有効期限は 720 時間
9
カジノエックス
4/5

¥ 200.000 ボーナス

200フリースピン+200%還元の¥200,000入金ボーナス

利用規約
25倍
10
ライブカジノハウス
4.5/5

$ 400 ボーナス

$30入金不要ボーナス+20フリースピン

利用規約
30倍賭け条件を30日有効期限内に消化。
11
ギャンボラ
4/5

$ 25 ボーナス

$25入金不要ボーナス

利用規約
ボーナス賭け条件7倍

オンラインカジノもIRカジノもどちらも「カジノゲームで収益を出す」という点では同じですが、以下のようにいくつかの点で大きく異なります

オンラインカジノの特徴

  • 利便性: オンラインカジノはいつでもどこでもプレイ可能!
  • 特典: 新規プレイヤーボーナスがある!お得!(上記のリストを御覧ください。)
  • 入場料: もちろんタダです!
  • 入場回数:もちろんログイン回数は無限です!制限などはありません!
  • 安全性: 大手金融機関も採用しているSSL(暗号化技術)などの高いセキュリティ体制を完備!
  • 決済方法: ビットコイン、クレジットカード、その他の様々なオンライン決済方法が利用可能!

IRカジノの特徴

  • 利便性: 全国3箇所にできる予定の複合型リゾートに出向かないとプレイできない。
  • 特典: 基本的にランドカジノに得点などはない。フリードリンクなどはあるかも?
  • 入場料: 日本在住プレイヤーは一律6,000円です!
  • 入場回数: 制限があります。(以下のコーナーで詳しく説明しています。)
  • 安全性: 入り口でマイナンバーなどでのIDチャックは検討されています。カジノは違法のイメージがまだ日本にはあり、治安が心配されています。
  • 決済方法:基本的に現金が一般的。

利便性、特典、入場料、入場回数、安全性、決済方法の6つのカテゴリーでオンラインカジノとIRカジノを比較すると、明らかにオンラインカジノの方があらゆる分野で勝っていてお得のがわかります。

しかしながら、IRカジノの場合、実際のランドカジノの迫力を味わうこともでき、非日常の経験ができる点ではおすすめです!

専門家の意見としては、ランドカジノ(IRカジノ)に行かれる前に、オンラインカジノでボーナスを駆使して無料プレイを楽しみ、練習を積むのがベストではないでしょうか?

IRカジノ候補地はどこになる?複合型リゾート 候補地大予想!

カジノ候補地-どこ

ずばり現在のところカジノ候補地として選ばれる可能性がある県は以下の8都道府県です!

  1. 大阪府(2025年に国際博覧会開催が決定!)
  2. 長崎県(ハウステンボスで有名)
  3. 北海道(苫小牧)
  4. 東京
  5. 千葉
  6. 愛知
  7. 和歌山
  8. 神奈川(横浜)

特に1〜3の大阪、長崎、北海道の線がとても濃厚であると見られており、カジノ構想によると、日本全国に最大で3箇所の複合型リゾートの建築を予定しているとのことなので、もしかするとこの3つの都道府県に決定すかもしれませんね!

大阪は、2025年に国際博覧会の開催が決定しているので、それに乗じて世界的な関心を複合型リゾートに同時に持っていきたいという狙いもよくわかります。

また、長崎のハウステンボスはすでに外国人観光客からの認知度は高いので、その周辺に複合型リゾートができるのでは?と噂さされています。

北海道は年々外国人の居住者の数を伸ばしており、特にスキーリゾートは観光客からとても人気があるので、観光客の集客には良い立地であるのは明らかですよね。

このようにすでにいくつかの都道府県のカジノ候補地が絞られてきてはいますが、今後もどのような各都道府県の誘致戦略がみられるのか、とても楽しみですね!

日本にカジノができるのいつ? カジノ構想 

日本カジノ-いつ

日本にカジノができるのはいつになるのでしょうか?現状では2025年を目標として、ギャンブル対策、インフラの整備、カジノ候補地の選択をしているそうです。

以前までは東京オリンピック(2020年)までの建設を目標にしていましたが、問題が山積みの政府にその余裕はなくなってしまいました。

2025年というと、大阪の国際博覧会開催年なので、やはり大阪に日本初の複合型リゾート(IRカジノ)ができるという線が濃厚かもしれませんね!

カジノ法案 可決理由とは?なぜこうも急だったのか?

カジノ法案が急に可決された背景には、トランプタワーでの安倍首相と米大統領トランプ氏との間で秘密の会談が深く関係していると見られています。

カジノ法案は、実は5年間も全く進展のない法案で、忘れ去られていた頃に急に可決されました。しかもなんと2週間というとても短い期間での可決だったため、「カジノ法案はなぜ急に可決されたの?」と疑問に思う方も多かったのではないでしょうか?

カジノ法案可決の最大の理由と言われているのは、トランプ氏のアメリカ大統領選挙時の大口支援者であるラスベガス・サンズ会長のシェルドン・アデルソン氏の意向にトランプ氏が答え、安倍総理もそれに賛同し、急ピッチで話が進められ、結果として5年間も全く進展がなかった話を2週間で可決させるという異例の事態に至ったと言われています。

IRカジノの入場料?なぜ入場料がかかるの?

カジノ法案の規定では、日本在住の方のIRカジノへの入場には、6000円の入場料がかかるとされています。ではなぜ日本在住の方だけに入場料が課せられているのでしょうか?

理由はとても明快で、「ギャンブル依存症対策」ということです。たしかに観光客の方は、そこまで長く日本に滞在することは考えにくいので、依存するほどカジノ施設に入り浸ることも実質できませんので、理にかなっているとは言えます。

また、世界中のIR施設でも同じく現地人に対して入場料を課しているところは多くあり、6,000円は世界的に見ても平均値です。

ただ、入場料があるからギャンブル依存症にならなくなる、という思考回路はどこか少し単純すぎるというか、入場料がギャンブル依存の根本を解決するとは思えないのも事実です。

カジノ構想 には入場制限もある?なぜ?

カジノ法案では、日本在住の方への入場規制も設けられています。入場規制は週ごとと月ごとに分けられており、それぞれ3回まで/週、10回まで/月、となっています。

また、入場の際にはマイナンバーカードの提出が検討されています。

まとめ

カジノ法案、複合型リゾート、カジノ構想の全貌をご理解いただけましたでしょうか?

カジノ構想(カジノ法案)は日本の一つの分岐点になると言っても過言ではないほどの影響を持っています。また、複合型リゾートでは、カジノ施設だけではなく、他にも家族で楽しめる施設や温泉、デートスポットやレストランなども完備される予定なので、あらゆる年齢層の方が楽しめる素晴らしい施設になることは間違いないでしょう。

カジノ候補地が大阪になるのか、長崎のハウステンボス周辺になるのか。はたまた北海道の苫小牧になるのか。今後の動向に目が話せませんね!

よくある質問

当ページで詳しく述べていますが、安倍総理とトランプ大統領の間で、何やら秘密の会談があったと言われています。詳細は当記事を御覧ください。

 

 

カジノ法案がなぜ可決されたかについては諸説ありますが、ギャンブル依存症対策、インフラの整備、候補地の絞り込みなどがある程度明確になってきたことが主な理由だと言われています。

カジノ法案への反対意見があるのはなぜかと言うと、カジノ施設ができることによる周辺地域の治安の問題やマネーロンダリングなどの懸念があるからだと言われています。